Synth for Dub Techno (ダブテクノ向きのシンセ)

Tokyo Dub Techno SyndicateのRed Wingです、ここ4-5年はDub Technoしか作ってないです

ダブテクノはシンセを多用する音楽なので、シンセ好きが嵌まりやすいジャンルなのかな?と個人的には思います

幾つか紹介したいシンセ等が有りますので、もし酔狂な方がいるならば読んで頂きたい

遡ること4-5年以上前の動画…この頃主軸に使っていたのがSH-201 MicroKorg Blofeld、今もBlofeldは要所で使うシンセです、BlofeldはPadやArpeggioやStab等オールマイティーに活躍してくれます。それも低価格で導入が出来て素晴らしいシンセ…見た目も可愛らしい

普通の減算方式のシンセとして自分は使ってます、Wavetable波形を組み合わせて生々しい音が作れて何か行き詰まった時このシンセが支えてくれている様な気がします。

動画ではPadを担当しています、オシレーターが3基使える事もあり分厚いパッドが作れて面白い、壊れるまで使い倒したい機材の一つです。

Stabでは最近Blofeld使ってないので、使ってみようかな。BlofeldはDub Technoに使いやすいシンセなんじゃないかなぁ?と思います

今日はWaldorf Blofeldの紹介でした

IMG_4071.JPG

 

 

 

Leave a Reply

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s